緩衝材加工について

ラミネート

緩衝材のラミネート加工





異素材を貼りあわせることで、さまざまな用途に応用可能です。

独自に開発した熱による貼り合せ装置で、積層(ラミネート)をくり返し、最大40mmの厚さに加工できます。
さらに40mm厚に貼り合せした板状のライトロンを指定のサイズにカットできます。










ライトロンはポリエチレン系の異素材を貼りあわせて(ラミネート)、用途にあった平袋や角袋をつくることも可能です。
異素材を貼り合わせることで、全く違う用途でご利用いただけるようになります。





独自に開発した熱による貼り合せ装置で、積層(ラミネート)をくり返し、最大40mmの厚さに加工できます。
さらに40mm厚に貼り合せした板状のライトロンを指定のサイズにカットできます。

ライトロンをラミネートしてレジャーシートを製作した例です。
厚みのある素材を使用して、クッション効果を高めることができます。
断熱性も高いため、冷たい地面でもとてもあたたかい

オリジナルで機能的なレジャーシートが製作可能です。 

ラミネート加工で厚みのある素材で製作した例です。
某イベントで使用する際に、お子さまへの配慮でクッション性を高くし、フラット性を確保しました。
座席位置番号なども印刷し、特注のレジャーシートを製作いたしました。