緩衝材加工について

製袋

緩衝材の製袋加工





ライトロンの製袋加工をニクロム線による溶断シール(溶着)で行い、ご希望のサイズに加工できます。

緩衝材としてだけでなく、発泡ポリエチレンシートにアルミ蒸着とフィルムを貼り合せ、簡易保冷袋(バッグ)としても使われてもおります。
一部平シール加工も可能です。
原反1mm厚迄なら2,000巾のものを半折し深さ1,000まで加工可能です。(一部深さ1700も可)
平袋、角底袋、どちらでも製作できます。
ライトロン単体でも、各種フィルムとの貼り合せることができ、さまざまな用途でお使いいただけます。





ライトロンは異素材を貼りあわせて(ラミネート)、用途にあった平袋や角底袋をつくることも可能です。異素材を貼り合わせることで、全く違う用途でご利用いただけるようになります。





ライトロン単体を製袋した例です。
平袋として携帯電話のバッテリーなどさまざまな用途でご利用いただいております。
断熱効果もあります。

用途事例:精密品、保温・保冷が必要な食品など

ライトロンとアルミ蒸着フィルムを貼りあわせた例です。
断熱効果が高いため、保温・保冷バッグとしても利用いただけます。

用途事例:シュークリームなどの包材やペットボトルやアルミ缶の保冷・保温。キャンプ時のお肉など

角底袋としておせちやお重など高級食材の包材としても広くご利用いただいております。保温・保冷効果が
高いため、おいしいタイミングははずしません。

用途事例:お重やおせちなど高級食材の包材、ドライアイスなど

角底袋とは違うパッケージの保温・保冷が必要なもう少しコンパクトな食品などにご利用いただいております。

用途事例:しじみの佃煮、お歳暮の保冷袋、お肉、生チョコなど

三連袋として同じ種類やセット物を入れてご利用いただけます。
さまざまな大きさで対応可能です。
プチプチでも製作可能です。

用途事例:記念コインの郵送用パッケージ、セット詰め部品の保護、化粧品(プチプチ)など

建材など長さのあるものを保護するため筒袋にした例です。

用途事例:建材など、ポスター、パイプ状の製品保護など
20160113110759_2.jpg
ライトロン単体を製袋し、手袋にした例です。